2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全体説明会&食事会お疲れ様でした

 ロケット新歓広報担当吉岡です。
 本日は全体説明会及び全体食事会でした。
 思った以上の新入生がきてくれて大変うれしいかぎりです\(^o^)/
 新入生のみなさんありがとうございました。
 そして、その準備のために奔走した役員のみなさんお疲れ様です。
 けれども新歓はこれだけではありません!!
 以下通常活動及び15日のロケットの食事会等の連絡です

【通常活動】
 ロケットプロジェクト通常活動日はチラシにもあるように月曜日と金曜日です。
 18時15分より理工キャンパスの教室を借りて行います。
 11日からの通常活動日には新入生に来てもらっても構いません。むしろ是非来てくださいヽ(´∀`)ノ
 9日の全体説明会に行けなかったから通常活動で説明を聞きたい、もっと話を聞きたいという方お待ちしてます
 しかし、ただ新入生には説明を聞いてもらうだけではありません。
 新入生には1/2Aのエンジンを使うモデルロケットの製作を行ってもらいます。
 作るのはとても簡単なので安心してください、本女生でも大丈夫ですよ(^∇^)
 作ったモデルロケットはGWに行われる新歓合宿で飛ばす予定です。

 通常活動の場所ついては当日メーリスで流しますのでそちらをご確認ください。
 本女生に関しては理工キャンパスへの案内も行いますのでご安心を。それの詳細もメーリスで流します。

【食事会】
 15日はロケットプロジェクトのみの食事会をラパウザというパスタやピザの食べれるお店で行います。
 新入生は500円で参加できます。
 時間帯は19時から21時となっております。途中参加や途中退出でも大丈夫です
 こちらについても本女生は案内を行います。

【本女生向け・お茶会】
 14日の15時から17時まで70年館1階の食堂にてお茶会を行います。
 お菓子を食べながら楽しく女子トーク(?)を行いましょうv(o゚∀゚o)v
 話す内容はWASAでも学校のことでもなんでもありです。

 以上新歓情報でした。
 詳細情報は基本的にメーリスで流します。参加していないという方はメーリスへの参加お願いします。(ツイッターの@wasainfoにメーリスへの参加アドレスはのっています)
 少しでも興味を持った方是非いらっしゃってください。

種子島ロケットコンテストCanSat結果報告

初めまして。
CanSat班(チームWASA缶)リーダーの青木です。
少し遅くなりましたが、種子島ロケットコンテストでのCanSat班の結果についてご報告いたします。

今回の機体は、移動機1機と固定機2機による音源定位での測位を目指しました。
しかし、結果的には固定機の製作が追いつかず、固定機は1機は動作させない状態で投下させ移動機単独での測位をさせようとしましたが、移動機では入力ファイルの形式に間違いがあり動作を停止した上、タイヤにパラシュートがからまり動けない状態におちいりました。
また、固定機も展開機構の一部が引っ掛かり上手く減速することができず、内部の回路の一部が破損しました。
一方、移動機に関しては、パラシュートの展開は上手くいったため、機体に破損はみられず、走行可能な状態です。
そのため今後機体が東京に到着次第、固定機を作り直したり、移動機に正しい入力ファイルを入れた後動作させ様子を見てみたいと思います。

今回の大会は製作期間が1か月と短く、満足な製作を行うことができませんでしたが、次の能代大会では調整まで終わらせた万全な状態で臨みます。

簡単ではありますが、以上で報告を終わらせていただきます。
2016種コンCanSat投下
2016種コン固定機
2016種コン移動機

「人工衛星の作り方」講習会のお知らせ


お久しぶりです。
ロケットプロジェクトチーフの西條です。
こちらでのご報告が遅れましたが1月27日に顧問から活動再開の許可をいただきました。
今後もロケットプロジェクト全員で安全に対して考えながら活動を行ってまいります。よろしくお願いします。

早速、先日種子島ロケットコンテストに参加し、モデルロケットはだるまぺんぎんがフライバックタイムアタック部門で準優勝の結果となりました。種子島ロケットコンテストについてはまた後日更新します。

さて、今回は「人工衛星の作り方」講習会のお知らせです。
WASAのOBである野田篤司さんが人工衛星の作り方の勉強会をしてくださることになりました。併せて人工衛星のはんだ付け資格をお持ちであった水城徹さんがはんだ付けの講習を行ってくださいます。現時点で決定している詳細は以下の通りです。

日時:3月28日14時から(3時間ほどを予定)
場所:早稲田大学 西早稲田キャンパス
対象:23歳以下または学部生以下に該当する方(下限なし、ただし小学生以下は保護者同伴)

参加希望の方は以下の参加フォームより申し込みをお願いします。
http://goo.gl/forms/cnZ4i0eZv1
お問い合わせはWASAロケットプロジェクトのメールアドレス(wasa.rocket.pro@gmail.com)にお送りください。

たくさんの方が参加してくださるとうれしいです。
よろしくお願いします。

活動停止について

WASAロケットプロジェクト代表の西條です。

11月7日、8日に早稲田大学理工学部で行われた理工展において、モデルロケット教室を行いました。
7日の打ち上げにおいて理工展の来場者である一般の方の額に、落下したモデルロケットが当たるという事故が発生しました。
被害者となってしまったお客様には怪我がなかったため、打ち上げを続行するという判断を下しました。学園祭の行われている中庭というイレギュラーな場での打ち上げであったためにあらゆる対応が遅れてしまいました。

その場で打ち上げを中止しなかったことをはじめとする安全意識の甘さから、それが改善されるまでの活動停止を顧問である吉田教授から言い渡されました。

いまは、活動再開に向け、本件の事実整理や問題点の洗い出し、安全意識の徹底のための具体策や今後の引き継ぎ、来年実施するにあたってどのような対策を持って万全とするのか、などについてプロジェクト内で話し合いを進めています。
事故の詳細については改めて報告書を公開する予定です。

このような事情から、活動再開時期によっては今後予定していた活動の実施が難しいと思われます。
関係者の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。

今後活動再開の折には、改めて声援、ご協力をお願いいたします。

2015年11月14日 WASAロケットプロジェクト代表 西條瑞織

能代宇宙イベント2015

初めまして!wasaロケットプロジェクト2年の西條です!
初投稿のため駄文をお許しください。

先日、秋田県能代市で行われた能代宇宙イベントに参加してきました。
イベントを運営してくださった方々、ランチャーを貸してくださったモデルロケット協会の方々、
能代市の皆様、参加団体の皆様、応援してくださった皆様に感謝を申し上げます。

今回はカンサット1機と、モデルロケット6機での参加となりました。
それらの紹介をします。

カンサットについて
私自身が製作に関与していないため詳しいことはわかりませんが、ざっくりとまとめると、
何度か投下のチャンスがあったものの、レギュレーションオーバーや使用モジュールの不調などのトラブルがあったようです。
最後のチャンスでレギュレーション審査はクリアしたのですが、投下まで時間がかかってしまい、電池が切れて動かなかったそうです。

カンサット2015能代


モデルロケットについて
1機目:fata fiore(F型)
3年女子2人と2年女子1人(私)によるチームきえのロケットで、スヌーピーの放出がミッションでした。
過去2回、同様のミッションで失敗が続き、3回目の挑戦でした。
結果は大成功とはいえないものの、引きこもっていたスヌーピーがロケットの中から出てきてくれました。
別々のパラシュートで落ちてくるはずが、
引っかかってしまって二つのパラシュートが1つの物体にくっついているように見えました。

スヌーピー


2機目:お菓子ロケット(F型)
二年女子によるこのロケットのミッションは、名前の通りお菓子を空から降らせることです。
チームのメンバーが女子だと見た目、ミッションともに可愛らしくなりますね。
結果は不開傘による弾道落下でしたが、今回の設計に期待し、リベンジに燃えています。

お菓子


3機目:いなほ(F型)
3年男子主導で製作したロケット、中にはカメラを搭載し、空撮を行いました。
結果は、パラシュートの焼けつきによってパラシュートが開き切りませんでしたが、打ち上げ・回収を行うことができました。

いなほ


4機目:うどん食べたい(F型)
合宿不参加の副代表が、稲庭うどんを食べたかったという怨念を込めて3年男子とともに製作したこの機体、
ひたすら高高度を狙った設計になっています。残念ながら、ロストしてしまいましたが、
副代表の願いは誰かのお土産によってかなえられると思います。

うどん


5機目:アイル(C型)
新入生による、ラテン語で空気を意味する名前の機体。上空の空気を採取することをミッションとしています。
磁石を利用した仕組みを利用していて、本当に上空の空気を採取できたのか確かめる方法がないものの、
写真から判断するとうまくいったようです。

空気


6機目:エッグリフト(C型)
こちらも新入生による設計・製作の機体です。生卵を乗せて打ち上げ、割らないように回収するミッションに挑戦しました。
分離・解散がなされなかったので弾道落下してしまいましたが、卵の周りの緩衝機構がしっかりとしていたため、
生卵を割らずに回収することができました。

卵

今回の機体は失敗・成功さまざまでしたが、この結果を踏まえてまた新たなミッションや、リベンジに取り組んでまいります。
応援のほど、よろしくお願いいたします。

今後はカンサットやモデルロケット、
新しく始めたハイブリットロケットの説明などもUPできればいいなあ、と思っています。(願望)
次回の打ち上げはまだ未定ですが、10月には日本女子大学で目白祭・11月に早稲田大学理工キャンパスで理工展があります。
今回能代で打ち上げた機体も展示するので、是非いらしてください。

それではまたお会いしましょう~

«  | ホーム |  »

プロフィール

わさ ろけっと

Author:わさ ろけっと
WASAロケットプロジェクト

最新記事

カテゴリ

未分類 (8)
新歓 (6)
能代宇宙イベント (1)
ロケコン (0)
モデルロケット (1)
CanSat (0)
日記 (0)
その他 (1)
ロケット勉強会 (2)
燃焼実験 (1)
種子島ロケットコンテスト (2)

最新コメント

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。